« 戦争に行った父の思い出 | トップページ

2015年11月18日 (水)

祖母は軍事工場で亡くなった

祖母が生れたのは明治23年。
今から、125年前です。(現在2015年)

この祖母の形跡を辿って、
役所に行っても、
『保存期間を経過し廃棄済みのため、交付出来ない』
と言う、返事が返って来ることでしょう。

亡くなったのは、
昭和14年ですから、私が生れる以前です。

『おふくさん』
父はそう呼んでいました。

これまで忙しい生活をしていたのですが、
それでも、保存期間が過ぎないうちに取り寄せておいたのです。

記載されてる亡くなった住所を調べてみると

『三菱の軍事工場』でした。

Photo_9

.

.

.

.

.

祖母の亡くなった所

『三菱航空会社製作所』

この場所は現在の地図を重ねてみると、
『西大井広場公園』になっていました。
.
.
.

西大井一丁目町会ホームページ>こちらより拝借<(_ _)>
http://www.nishi-1.com/%E8%A5%BF%E5%A4%A7%E4%BA%95%E4%B8%80%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2/

三菱が戦時中、戦車を作っていた工場だったそうです。

祖母はここで、働いている最中に倒れて亡くなったのです。
この時、父は戦地に行っていて留守でした。

もう一度、当時の地図と現在と重ねてみます。
この真ん中の道は、『光学道り』とよんで、子供の頃から慣れ親しんでいました。

4_2
一丁目町会のHPの
情報によると、

この付近の住民は
戦時中
強制的に疎開
させられたそうです。

(しかし、
空襲の被害は受けませんでした)

.

太平洋戦争下、昭和19年に日本光学と三菱重工業の周辺の住民は強制疎開が布かれ、人々は地方へ疎開していった。その為森前町の人口は減り、町を行き通う人は疎らであったことを記憶している。

「日本光学」「三菱重工業」「小野学園」の3者の占める敷地面積は、
町内の約50%を占めていたと思われる。。。

昭和12年7月7日「日支事変」が勃発し、多くの兵隊さんが品川駅と大崎駅から品鶴線を利用して戦地へ行った。原の踏切番のおじさんが軍用列車の通過時刻を教えてくれて、皆で日の丸の小旗を振って見送ったものだった。

当時、父は22歳。戦地に向かう人の波の中に、若き日の父は居たのでしょう。

幼い頃、お祖父さんに手を引かれて、品鶴線の電車を見に行った事を覚えています。
私は戦後生れですけれど、お祖父さんは当時の事を思い返していたのかも知れません。

明治・大正時代の森前町一帯は民家は少なく殆ど田畑であった。とありますが、
私の実家は隣町ですが、家の建つ前は竹藪だったと聞いています。
狐や狸も出たそうです。

« 戦争に行った父の思い出 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599221/62699431

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母は軍事工場で亡くなった:

« 戦争に行った父の思い出 | トップページ